メリットとデメリット理解|中古マンション の投資をして優雅な毎日を送ろう

中古マンション の投資をして優雅な毎日を送ろう

婦人

メリットとデメリット理解

笑顔の男性

契約条件の確認

アパートやマンションなど物件の所有者にとって、サブリースというシステムは、とても魅力的に聞こえるかもしれません。サブリースとは、物件の所有者が建物をサブリース会社に一括で借り上げてもらって、サブリース会社から家賃収入を得ることです。空き室リスクを避けられることや、住人とのトラブルも不要なので、物件所有者の負担も少なくなりそうです。ただ注意すべき点として、数十年の一括借り上げという言葉の意味を考えることです。簡単に言うと、数十年間ずっと同じ家賃収入が得られるのかを考えると、現実は、それは得られないことが多いようです。なぜなら、建物の老朽化で家賃が今までより高くなることはないことや、契約書にあるかもしれませんが、多くは2年ごとに更新があるからです。サブリースとの契約賃料が2年ごとに改訂できることが記載されている所がほとんどです。その為、珍しいことではなく、更新する度に収入が低くなるということも起きてきます。

免責期間は無収入

また、先ほど更新の話をしましたが、更新についてもサブリース会社が更新を拒否できることも契約書に記載があることが多く、確認が必要です。そして、建物の老朽化に伴い、メンテナンスを指示された場合の補修費用負担が、建物所有者となっていることがあり、これを拒否した場合には契約解除になる場合もあるようです。そしてサブリース会社が設けている免責期間というものがあり、この期間はサブリース会社によって一ヶ月や長いところでは半年など、幅もあります。この期間は家賃が入ってきませんので、建物所有者は無収入になることを覚えておきましょう。このように様々な点で、サブリース会社との契約書をよく確認して理解しておくことは大切です。それらを理解した上で、空き室リスクや住人とのトラブル回避が魅力的に感じる場合は、サブリースも家賃収入を得る1つの方法として、考えてみると良いでしょう。